エクセルが苦手でも仕事で毎日使う環境にいれば誰でも上達はする。関数がわからなければ、ググればいいだけのこと。

トレーニング
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip

スポンサーリンク

仕事でエクセルを使う機会があるけれど、苦手という方。毎日エクセルを使う環境にいるのであれば、いずれ上達します。

私も1年半ほど前は、かなりエクセルが苦手でした。会社の部署異動により、エクセルを使いこなさなければならない部署への異動となったことを機にエクセルのスキルを高めていきました。

営業時代、エクセルは使っていたけれど、簡単な資料を作るくらいでした。そこまで、エクセルスキルを必要としていなかったので、ごまかしでなんとかやり過ごすことができました。

しかし、部署異動はサラリーマンの宿命。自分が望んでいなくても、会社の意向により異動させられることがあります。私は、営業から内勤部署への異動。しかも、エクセルのスキルが求められる部署へ。

当初の私のエクセルのスキルは・・・ショートカットキーの、Ctrl+Cでコピー、Vで貼り付け程度の知識。唯一使えた関数は、VLOOKUP関数のみ(なぜか他の関数は使えないのに、VLOOKUPだけ使えていました)。

キーボード操作はブラインドタッチができるくらいは使えていたのが、せめてもの救いです。

しかし、この状態はかなり悲惨でした。あまりにも話にならなさすぎて、即、エクセル本を購入して勉強を始めました。でも、なかなか身につかなかったのです。

1日1個スキルを覚えるだけでいい

いきなりたくさんのスキルや関数を覚える必要はないです。というより、エクセルが苦手な方にとっては、わからない関数をいっきに覚えること自体、無理ゲーです。

だから、もしエクセルが全くできなくて悩んでいる方は、毎日エクセルを開いて、1日1個でも、スキルを覚えていけばいいと思います。

本当に基本的なところから徹底的にやることです。例えば、F4キーで、前の工程を繰り返す。コントロールキーとSで上書き保存

これだけのことであれば、知っているか知らないかだけの世界ですので、難しいことは何一つもありません。

エクセルは、どうしたら効率的にデータ処理できるか、処理作業を簡略化できるかに特化したものです。

毎日、覚えていくだけで、数ヶ月もすればかなり使えるようになっているはずです。

関数がわからなければ、ググればいい

ショートカットキーなど、基本的な操作を覚えたら、次は関数。この関数が使えるかどうかがエクセルを使いこなすうえで、非常に大きなポイントとなります。

スポンサーリンク

もちろん、その先には、マクロなど使えるのが一番ですが、まずは基本的な関数を使えるようになれば、たいていの仕事はそれほど問題ないといえます。

関数は、書籍など購入して覚えるのもいいですが、私が一番身についたと思うやり方は、関数の使い方などわからなければ、その場でググって調べることです。これが一番。

ググれば、いくらでも関数の説明が記載されているので、エクセル本を購入して勉強するよりも、その場でググることの方が効率的かつ経済的です。

こちらを断然おススメします。お金も掛からないですし、ネットだけでもわかりやすい情報が溢れています。

こんな記事も書いたように、今の時代、ググれば、知識や情報は簡単に手に入ります。
↓↓↓

グーグル検索《書評》これは面白い!!経済格差は検索格差「グーグル検索だけでお金持ちになる方法」を読了
今の時代、ネットで何でも情報を得ることができます。でも、その情報を実生活にどれだけ活かせているのかと問われると、言葉に詰まるの...

ひたすら単純作業の繰り返しをすることで、徐々にエクセルのコツのようなものがわかってきます。
これは、それを知っているかどうかと慣れの問題なので、誰でも上達できると断言できます。

初歩の初歩くらいしか、エクセルが使えなかった私ですが、1年半くらい経った今では、大抵の関数は使えますし、知らない関数があってもググれば、すぐに活用することができるようになりました。

もし、エクセルで悩んでいる方は、1日1個簡単なスキルを覚えておくことから始めてみてください。毎日継続すれば、必ず苦手意識を払拭できるはずですので!!

たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書

吉田拳 技術評論社 2016-06-08
売り上げランキング : 163
by ヨメレバ

スポンサーリンク
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip