新入社員が身につけるべきスキルの1つ『ブラインドタッチ』をマスターするのにブログが最適な理由

ブラインドタッチ
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip

スポンサーリンク

ブログを書く目的はブラインドタッチができるようになることではないのですが、ブログを始めるとブラインドタッチのスキルは確実に向上します

パソコンスキルといえば、エクセルやワード、パワーポイントといったところが真っ先に思いつきますが、その前に、タッチタイピング、特にブラインドタッチという基本的な部分をマスターすることが大切です。

ブラインドタッチとは?

キーボードのキーを見ずにタイプすること。

ブラインドタッチをマスターするだけでも仕事のスピードは大きく変わってきます。

最近、新入社員の方でパソコンが使えない人が増えているという記事を目にしました。

確かにスマホで必要な情報が片手一つで簡単に手に入る今の時代、パソコンに触れない人が出てきてもおかしくはありません。

しかし、時代が変わってきているとはいえ、社会人でパソコンが全く使えないというのは、やはり辛いものがあります。

エクセルやワード、パワーポイントを使えた方がいいのはいうまでもありませんが、その前に、基本的なタッチタイピング、さらにはブラインドタッチを身につけましょう。

ブラインドタッチマスターのポイント!!

⚫️ひたらすら文章を書く
⚪️間違ってもいいから手元のキーボードを見ない

この繰り返ししかありません。
これは特別なスキルではなく、誰でも身につけることができるものです。

ビジネスでは、ほんのちょっとしたことだけで大きな差がつくことはあります。
ブラインドタッチも決して例外ではありません。

で、ブラインドタッチをマスターするのにタッチタイピングのゲームを利用するのもいいですが、おススメしたいのは、ブログを書くことです。

なぜ、ブログなのか?

⚫️文字量に制限がない
⚪️文章スキルが身につく

なぜブログなのかといえば、上記2つになります。

まず、文字量に制限がないので、ひたすら文章を書くことができます。ブラインドタッチは練習量(タイピングする文字量)に比例してスキルが向上しますので、ブログは最適といえるでしょう。

そして2つ目に、文章スキルが身につきます。
ビジネスの場面では、ただブラインドタッチできればいいわけではありません。

相手に伝わる文章スキルが問われるわけです。
(ぼくは文章が上手くないので練習の意味も込めて書いていますので、悪しからず)

ぼくも、ブログを始めてからブラインドタッチのタイピングスピードが間違いなく向上しています。

ビジネスの場面では、文章作成や資料作成は避けては通れません。

資料作成のスキルなどはビジネスマンにとって必要なスキルではありますが、ブラインドタッチのスキルは、資料作成に大きく影響してきますので、ぜひ早く身につけましょう。

スポンサーリンク

もし、ブラインドタッチがまだという方は、ぜひブログを利用してみるのをおススメします。
(会社の悪口は書いてはいけませんので、その点さえ、留意すれば自分の好きなことを書きましょう)

きっと、数週間で上達ぶりを実感できるでしょう。

スピードを意識することがビジネスの場面では必要となりますからね。

サラリーマン男 拝

スポンサーリンク
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip