仕事の成果を出すために、まずは自宅の部屋を掃除しシンプルにしてみることのすすめ

bedroom interiors loft
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip

スポンサーリンク

ビジネスマンは常に成果を出すことが求められます。

でも、なかなか仕事の効率も上がらず、思ったように成果を出すことができないと思っている方も少ないはず。

仕事の成果を出すために必要な要素の1つとして効率化が挙げられます。

そして、仕事の効率化を高めるためには、情報の在りどころがわかっているかがポイントとなります。

普段、仕事で使うパソコンのデスクトップ画面を確認してみてください。

いろいろなファイルでごちゃごちゃになっていませんでしょうか。

ごちゃごちゃだと、必要なデータをすぐ引き出せる状態にはあるとは言いにくいですよね。情報が散乱していても、すぐに必要なデータを取り出すことができるというすごい方なら問題ないのですが、もしそうでないなら、整理することをおススメします。

また、デスクトップに限らず、デスク周り(引き出しや棚)の状態も同様です。デスク周りがごちゃごちゃで必要な資料を毎回探してしまう人は要注意です。それが時間のロスに繋がります。

1回は大した時間は掛からないかもしれませんが、この積み重ねは気づけば相当な時間を失うことに…

そして、一番気をつけないといけないのが、頭の中もごちゃごちゃになることです。
これは、結果を求められるビジネスマンでは絶対に避けなくてはなりません。

この状態では仕事の効率化が図れず、成果を出しづらくなってしまいます。

20代の頃のぼくは、職場のデスク周り、パソコンのデスクトップ、頭の中もごちゃごちゃのダメリーマンでした。そのお陰で、仕事にかなり支障をきたしていました。

さすがに、この状態はまずいと思い、整理してみるのですが、気づけばすぐにごちゃごちゃになってしまうんです。

大雑把な性格に起因しているのかもしれませんが、解決の糸口は自宅にありました。

そう、自宅の部屋の中もごちゃごちゃなんです笑。

個人的な経験で恐縮ですが、自宅の部屋の中もごちゃごちゃだと、同様に職場の自分のデスク周りもごちゃごちゃになっていることが多いです。

で、部屋のモノを極力減らし、シンプルにし、掃除をしたことで、自然と整理する癖がつきました。今は、整理できていないと、かなり気になるくらいまでになり、職場も同様の感覚で整理する癖がつくことができました。

ですので、職場のデスク周りや、パソコンのデスクトップ画面の整理をする前に、自宅の部屋の状態を確認してみてください。根本的に直していかないと、なかなか治らないものです。

スポンサーリンク

仕事の効率化は几帳面から。

サラリーマン男 拝

シンプル学生時代とは意味合いが違う、社会人の一人暮らし
一人暮らしは、多くの気づき得ることができ、また自分の成長を感じられる絶好の機会です。 学生時代と社会人になってからの一人暮らし...
毎日がときめく片づけの魔法
近藤麻理恵 サンマーク出版 2014-01-08
売り上げランキング : 6854

by ヨメレバ
モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術
土橋 正 東洋経済新報社 2014-02-21
売り上げランキング : 52477

by ヨメレバ
スポンサーリンク
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip