買い物でストレス発散!!「衝動買い」で後悔しないために気をつけておくべきこと

Female payment  close-up shop electronic reader plastique card
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip

スポンサーリンク

仕事、日々の生活にストレスを感じて、買い物でストレス発散をさせた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

買い物って楽しいし、気持ちがいいものですよね。

でも、気を付けないと後悔してしまうことがあります。

思い切って買ったはいいけど「なんでこんなものを買ってしまったのだろう・・・」「買わなきゃよかった・・・」と後悔しても後の祭りです。

ストレス発散を目的に買い物をするわけなので、理性的な判断が伴わないことも多々あるのですが、少しでも後悔する気持ちを軽減をするよう事前に予防しておくことは大切です。

たとえ高額な商品だったとしても、それが自分にとって価値を与えてるくるもの、長期間利用できるなど、コストパフォーマンスが良いものであれば、それほど後悔することはないでしょう。

僕は25歳のときに、300万近い借金を抱えていたことがあり、仕事のストレスから無駄な買い物を繰り返してきた経験があります。今は、借金を完済し、貯蓄も年収以上までに回復しました。

借金を完済できた理由の1つに買いものに対する意識を変えたことも大きく影響しています。

そこで、ストレス発散を目的に買い物して後悔しないために普段から意識しておくべきことを、僕なりに簡単にまとめてみました。

買い物でストレス発散するうえで、気をつけるべきは「衝動買い」

ストレス発散でする買いものと衝動買いとは密接な関係にあります。

一番後悔するのが、このストレス発散で衝動買いをしてしまうことです。

辞書で衝動買いを調べると「買う予定はないのに、商品を見ているうちにほしくなって買ってしまうこと」とあります。

ストレスを抱えたときなど、まさにこの衝動買いをしてしまことありますよね。

この衝動買いと違い「以前からずっと欲しかったけど、値段が高くてなかなか手を出すことができなかった商品」であれば、購入したあとの後悔もそれほど大きなものではないでしょう。

なぜなら自分にとって価値があると判断した商品なので、損失は経済的なことくらいでしょう(金欠の状況であれば、かなり深刻な問題になりますが)。

でも、衝動買いは違います。

仕事や日々のストレスから、衝動買いする場合は、後悔することが多くなります。

普段から欲しいもの、自分に価値あるものを見極めておく

普段からの欲しいもの、自分にとって価値あるものをしっかりと見極めておくことは非常に重要です。

social media concept - like, share, follow word cloud on a vintage blackboard with a cup of coffee

social media concept – like, share, follow word cloud on a vintage blackboard with a cup of coffee

ストレス発散で衝動買いすることになったとしても、普段から自分に価値あるものを把握しておけば、無駄なものを購入して後悔することも少なくなります。

自分がお金を出してまでも、本当に欲しいものは?
それを購入して自分にどんなメリットがあるのか?
これまで購入したもので、後悔したものは?

意外とこれらのことを意識していない方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

自分にとって、価値あるものを見極めておけば、衝動買いで後悔するような買いものをしなくなります。

買って後悔するというのは、自分の価値とズレたものを買っていることが原因なので、普段の生活から自分にとって価値あるものを把握しておくことは、衝動買いで後悔しないためにもとても大切なことです。

ストレスを抱えているときのウインドウショッピングは避けた方がいい

普段から自分が欲しいもの、価値あるものを見極めておくことは、買い物で後悔しないために重要なこととお伝えしましたが、それでも、ストレス発散を目的にする買い物には危険が伴い、後悔してしまうこともあるでしょう。

その際、一番注意したいのが、ウインドウショッピングです。

ストレスを抱えている時にウインドウショッピングすることはなるべく避けましょう。やはり、ストレスは怖いもので、理性的な判断をせず、「えいやっ」で衝動買いをしてしまう大きなきっかけとなります。

それを防ぐためにも、ストレスを抱えたときは、なるべく自分が欲しいと思う商品があるお店に行くことが重要です。

スポンサーリンク
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip