新幹線のぞみ。東京-新大阪間「乗車時間2時間33分」の使い方を意識してみる

新幹線
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip

スポンサーリンク

出張などにより、新幹線を利用する方も多いのではないでしょうか。僕も、出張で新幹線を利用することが時々あります。主な区間は東京-新大阪間。

のぞみを利用すると、東京から新大阪までの乗車時間は「2時間33分」

2時間33分。のぞみを利用すると、東京-新大阪間はこの時間乗車することになります。かなり長い時間、新幹線で過ごすことになります。この乗車中の時間をどう使うかは、人それぞれですが、僕は、この時間を何に使うのか、意識するようにしています。

それもあって、毎回新幹線に乗車する度に、周りの人がどのような時間の使い方をしているのかを、注意深く見るようにもしています。

乗車中の過ごし方は、以下のどれかに当たるのではないでしょうか。

・寝る
・新聞を読む
・スマホをいじる
・携帯ゲーム機で遊ぶ
・雑誌を読む
・読書する
・パソコンで仕事する
・同伴者と話す
・お酒を飲む
・食事をする
・音楽を聴く
・窓の外の風景を見てボーッとする
・瞑想に耽る

ざっと、こんなところでしょうか。

何に時間を使うかは、個人の自由なのですが、この乗車時間を何に使うのか意識することはかなり大切です。

新幹線の移動中は、意外と集中して読書ができる

僕の個人的なおススメは読書ですね。

パソコンで仕事をする人も多いのですが、僕はダメです。酔ってしまいます。あまり三半規管が強くないもので・・・

なので、読書。全く酔わないです(あくまで僕の感覚なので、人それぞれ違いはあるかと思いますが)。

ただ、2時間33分もあれば、1冊は本を読み終えることもできちゃいます。一般的なページ数(200〜300ページくらい?)のビジネス書なら十分な時間ですね。

スポンサーリンク

帰ってくることも考慮すれば、往復で5時間6分。

この時間はかなり貴重ですよね。新幹線という少し特別な空間もあって、普段より集中できるものです。この絶好のチャンスを逃さないよう常に何をするか意識するようにしています(主に読書が多いですが)。

こうしたスキマ時間を有効活用することで、自分の成長に繋げられたら嬉しいものです。

もし、あまり意識されていない方は、新幹線に乗る際は、何に時間を使うか、ちょっと意識してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
Pocket
Bookmark this on Livedoor Clip